UVカットの効果についてのテスト結果をご報告致します。

皆様こんにちは、東京地方は猛暑日が8日間も続く非常に熱い夏となっております。

引き続き熱中症等にはご注意ください。

さて、UVカット効果についてテストを始めたのが2015年07月21日です。本ブログの公開が遅くなってしまいましたが、開始から2週間(14日間)でかなりの結果がでましたのでご報告いたします。

※1週間ではあまり変化はなかったのですが、2週間で急速に変化が加速したという感じでしょうか。

それでは各仕様の結果を画像をもとに報告してまいりたいと思います。これから表示するすべての写真で、左側はテスト前の印刷物になります。

まず、1.オフセット印刷 + UVカットラミネートですが、

DSC_0062

こちらが一番好結果がでました、若干は薄く(特に黄色)なりましたが、全体の退色は非常に少ない状態です。

次に、2.オフセット印刷 + UVカット透明板(当社以外の製品で99%カット)です。

DSC_0059

こちらはかなり退色し始めております。黄色系の上部ラインおよび中央の写真部の黄色系の色はかなり退色しております。

違いが分かる部分としては中央の写真3点の左右の端の部分の黄色系ですが、こちらは退色しておりません。この部分はフレームに隠れている部分になります。

次に、3.オフセット印刷 + 0.5mmPETフィルムです。

DSC_0057

上の2.UVカットフィルムの状態とほぼ変わりはありませんが、若干黄色系の退色が進んでいるかと思われます。

最後に、4.オフセット印刷 + 0.8mmPETフィルムです。

DSC_0054

こちらは3.オフセット印刷 + 0.5mmPETフィルムとほぼ同じ結果となりました。

 

上記4点の結果をもとにテスト結果としてご報告いたします。

今回のテストで退色防止効果(色褪せ防止効果)として効果があったのは100パーセントUVカットのコールドラミネーターでした。

また、UVカット透明板に関してはこの環境ではほとんど通常の透明板と違いがなかった。ということです。

バックボードからの透過UVが影響するのでは?と思いUV計測器で計測しましたが、透過は0パーセント(カット率100パーセント)でした。

そして、フレームに隠れている部分の退色が非常に少なかったということも今回のテストで重要な結果となりました。また家庭ですが、途中雨などが降っていた為に作品が濡れてしまい作品が湿度などによる劣化があったのかもしれません。

1.透明なフィルムでは完全に退色は防げないのでは?

2.UVカットフィルムを作品に張り付けることによりより退色を防ぐことができる。

改めて退色について、どうすれば一番よい長期掲示ができるかという問題で、改めて同じ方法での媒体と印刷方法の違う媒体でのテストを後日行ってみたいと思います。

 

※当店独自のテストであり他の環境での商品の品質を保証するものではございません。

今回はUVカットの効果についてのテストをしてみたいと思います。

皆様、梅雨も明け本格的な暑い夏が到来しております。
毎日がかなり日々なので暑いので熱中症等にお気を付けください。

さて、屋外でのテストはいったん中断させていただきました。
実際のところポスターフレームのアルミ枠に関しては一か月程度では劣化が少なかったため、
劣化が発生するまでには長期のテストが必要かと思われます。
そこで、他のテストと並行に進めていきたいと思い、追加の今まで非常に気になること『UVカットの効果』についてテストをしてみたいと思います。

DSC_0018-1

いきなりですが、写真左より下記のとおりとなります。

  1. オフセット印刷 + UVカットラミネート
  2. オフセット印刷 + UVカット透明版(当社以外の製品で99%カット)
  3. オフセット印刷 + 0.5mmPETフィルム
  4. オフセット印刷 + 0.8mmPETフィルム

さて、撮影当日は写真のとおり、かなり日差しが強い状況でした。

UV測定器で各仕様の紫外線(UV-A)の数値を計ります。

まず、何も通さず直接の紫外線量は41でした。

DSC_0001

次に上部写真の一番左1.の仕様です。
UVカットラミネートフィルム(99パーセントカット)です。
これは非常に優秀で0です。

DSC_0016-1

次は2.の仕様です。
UVカット透明版(99パーセントカット)です。
こちらは若干紫外線を通すようで2でした。

DSC_0003

次は3.の仕様です。
通常透明版(0.5mm)です。
こちらは23なので45%のカットとなると思います。

DSC_0009

次は4.の仕様です。
通常透明版(0.8mm)です。
こちらは21なので60%のカットとなると思います。

DSC_0006

こちらの4種の仕様の違いを今後検証していきたいと思います。

 

※開始日ですが2015年07月21日よりスタートしております。

当店『パネルデポ』では現在お客様がご利用している当店の商品の画像を募集中です。
様々な場所、用途でお追加いただいている利用方法を当店ホームページにてご紹介させて頂ければと思います。
コメントを添えてぜひご投稿ください。

投稿方法

下記キリトリ線の事項をコピーしメール本文へ貼り付け、内容をご記載いただきメールの投稿をお願い致します。

――――――――<< キリトリ線 >>―――――――――

<ペンネーム>

<題名>

<ひとこと(コメントをお願い致します)>

<景品お届け先情報(こちらの情報はホームページで表示致しません)>
  ご氏名:

  ご住所:

  郵便番号:

  ご連絡先:

―――――――――<< キリトリ線 >>―――――――――

Eメールの送信はこちら

おかげさまで、パネルデポはGoogle 認定ショップとして認定されました。

皆様には認定試験中に大変ご協力を頂きまして誠にありがとうございました。

【Google指定文章より】
ポスターフレーム及びスチレンボードを提供する当店[パネルデポ]は、Google 認定ショップ プログラムにおいて優良ショップに認定されまし
た。
ユーザーが、より優れたショッピング体験を提供するオンラインショップを識別しやすくするために、Google 認定
ショップ バッジ が正確な配送と優れた顧客サービス実績を持つ電子商取引サイトに授与されています。
パネルデポ]のウェブサイトを訪れたユーザーは、Google 認定ショップバッジをクリックして、より詳細なショップの情報を確認する
ことができます。

【当店よりコメント】
皆様のご協力により、Google認定ショップとして認定されました。
このサービスは皆様に当店でのお買い物がさらに安心していただけるようお客様に対するサポートが充実したサービスです。

当店ホームページの右下に表示されいているバッジ(下画像参照)は認定ショップの証明です。

 

nintei_gamen

【Google指定文章より】
また、Google 認定ショップ から購入する付加利益として、ユーザーは Google による無料の購入補償を選択できるオプションがあります。
万一、商品購入に際して問題が発生した場合、ユーザーは Google へサポートを依頼することができ、Google がユーザーと[パネルデポ]と協力し問題を解決します。購入補償の一環として、Google は購入補償を受けている購入商品に対して、最大 10 万円(生涯)の購入補償を提供します。

第6回 ポスターフレーム屋外テストの報告です。

みなさま、こんにちは。

3月25日より スタートした今回のテストですが、約2か月経過いたしました。

 

そこで、ここまでの中間結果報告させていただきます。

まずは、フレーム本体の状況報告です。

DSC_0021 フレームの各部分の状況としましては、

  • フレーム:フレームおよびフレームを固定するL字型の金具、ビスともにサビおよび劣化はみられません。
  • 透明版:目視による結果ですが、劣化および傷等はみられません。 バックボード:スチレンボードに関してはほとんど変化がありません。紙の段ボードに関しては歪みが発生しております。
  • 三角カン:こちらはサビが出てまいりました。しかしながら使用上問題がでるような劣化ではなく、表面上のサビといった感じです。 DSC_0023

つぎは、中の作品の状況報告です。

DSC_0026

上記画像の説明ですが、上部の4点はすべて新しい(テスト前の同じ作品)4枚です。光の反射により右の作品が薄く見えてしまいました。申し訳ございません。  下部の作品がテスト品になります。左から、

  1.  スチレンボード(のりパネ) 貼り
  2. 0.5mm + 段ボード仕様
  3. 0.5mm + スチレンボード仕様
  4. 0.8mm + スチレンボード仕様

となります。

  1. は色の退色が一番激しく赤・黄はもちろんすべての色が薄くなっております。
  2. は赤・黄の色はほとんど飛んでしまっています。しわはフレームの中では一番少ないでしょうか。(雨のあとの水分が早く乾いていた為)
  3. は2.と同様に赤・黄の色はほとんど飛んでしまっています。しわは細かく波打つようにまんべんなくしわがよっています。
  4. はほぼ3.と同じ状況です。

下記の画像は左がテスト前の作品で、右側が4.の0.8mm + スチレンボードの仕様となります。 また、画像下部の黒・赤・黄・青の4色の帯の部分ですが、こちらはレーザープリンターで出力したもので、擦り傷やキレで傷んでおりますが、色の劣化はあまりありませんでした。 DSC_0028   以上の結果より、自分なりのテスト報告を下記にまとめてみました。

  1. フレーム本体および透明版の劣化は2か月ではほとんど出ない。
  2. 三角カンのみサビが発生する。
  3. バックボードはスチレンボードであれば歪みや劣化が少ない。
  4. 作品は雨が内部に入ることによりしわがよる。
  5. オフセット印刷での印刷物は赤および黄の劣化が激しい。
  6. レーザープリンターでの出力は色の劣化が非常に少ない。

この結果で気になったことがあり、ざっくりと箇条書きにします。

屋外用のポスターフレームでの作品の劣化(色の退色)は?

実際に屋外のポスターフレームで仕様されている、保護フィルムのアクリル板(1.5mm)および防水パック(1.0mm)塩ビ板の紫外線透過率を調べました。

すると、 アクリル板は約85%の紫外線カット

塩ビ板は約30%の紫外線カット

ちなみに現在テストをしているフレームの0.5mm PETと0.8mmPETはほぼ同じで 約50%の紫外線カットでした。(簡易UV測定器による実測値)

そこで、次回からはフレームのさらなる期間耐久の調査、そしてUV対策の効果測定をしてみたいと思います。  

第5回 ポスターフレーム屋外テストの報告です。

 みなさま、こんにちは。50年ぶりの雨が降らなかったゴールデンウィークはいかがでしたでしょうか?

(まだGW中の方もいらっしゃるとは思いますが。)

さて、3月25日よりスタートした今回のテスト企画ですが、早いもので40日が経ちました。

写真を見ていただくと共感いただけると思いますが、いい意味でも悪い意味でも『前回とほとんど変わりません・・・』

DSC_0722

色あせも一段落というところでしょうか?

左から2番目の紙製バックボードのスタンダードシェイプも若干歪んだままです。(前回の4月16日時点とあまり変わらず)ただ、劣化があまり進んでいないというのは素材自身の強度があるということなのでしょうか?

左から3番目・4番目のスチレン使用に関しては雨が降らなかったにも関わらず表面に水滴が付着しております。(若干乾いて少なくなってはいますが※下記写真参照)

DSC_0727

この水滴が付いた状況は中に入っている印刷物には非常に過酷なことで、紙自体のシワや劣化、インキ等の劣化(色あせ)に影響してしまうと思われます。

何とかこの状況を改善できないかと思い上部および下部の裏面にダクトを付けてみました。

DSC_0735

手前がダクトを配置したフレームの裏面です、ちなみに何本かの突起はストローを使用しております。(無理やりつけたので汚くてすみません。)

しかしながらこのダクトはGW前に付けましたが、あまり効果が無いように思われます。(もう少し効果がある方法を検討中です。)

DSC_0733

最後に裏面の全体図ですが、前回と変わっておりません。

次回は印刷物の状況をお伝えするため、一度フレームから印刷物を取り出し状況を確認したいと思います。

 

 

 

 

エコイレパネ両面の飾り方のご提案です。

今回は当店のエコイレパネ(両面)の飾り方のご提案をさせていただきたいと思います。

エコイレパネ両面に標準で付属しているヒモとフックを使ってお飾りになっても十分お使いいただけますが、今回は吸盤を使った

お店ガラス面の有効活用というご提案です。

当店のエコイレパネ両面A2サイズと、残念ながら当店では扱いが無い下記の吸盤フックを2個使用して飾ってみたいと思います。

部品およびセッティングを画像を使って順番にご説明いたします。

 

まずは今回使用する吸盤についてのご説明です。

 

DSC_0654

吸盤は『LECのレバー式吸盤フック(中) 荷重3kgです』H-520

価格はホームセンターさん等で360円(税込)くらいでしょうか。耐荷重が3kg x 2 = 6kg、そしてエコイレパネ(両面)A2サイズは掲示物2枚を含め約1kgなので耐荷重にはかなり余裕があります。

また、2つ使うことによりどちらかが外れても片側で固定されているので安心です。

DSC_0656

レバーが吸盤の背面についており上記画像のようにレバーを倒すことにより空気が抜け密着度が高まります。某000円均一などの類似品はすぐ外れてしまうためおすすめはしません。・・・・買わなきゃよかった。

さて次は作品をフレームにセットしていきます。

両面使用の場合、裏面も掲示物が入るためすべてをフレームから外してから、透明板 < 作品 < バックボード > 作品 > 透明板とあらかじめ内容物をセットしてからフレームをはめていくと比較的簡単にセットができます。

DSC_0662

フレームと内容物をセットする前の画像です。

DSC_0664

フレームにはめるときは片側から順番にセットをしていきます。ゆっくりと焦らずに・・・・でも難しいです。※今回この時点でサイドについている三角カンを上部に付け直しております。

セットが完了したので吸盤を使い飾ってみます。

DSC_0667

吸盤を使いフレームを取り付ける場合は1点をまず位置決めして、次に平行をとりながら2点目をセットすると位置や水平が決めやすくなります。

DSC_0669

内側は豪華に『ゴッホの夜のカフェテラス』を飾ってみました。そして裏側(外面)は当店の看板です。DSC_0670いかがでしょうか?通常、屋外へ向けポスターをテープなどで貼ると、ポスター裏面の白い部分やテープが見えてしまいます。

しかしながらエコイレパネ(両面)を使うと室内と屋外の両面が使えるため無駄がなくスマートにアピールすることができます。

現在、理容店様よりご用命があるため実際に使われた状況を後日ご報告させていただきます。

また、皆様からのご利用方法も随時募集中です。

ぜひご利用方法や飾られた画像をお送りください。画像を紹介させていただいた方にはささやかながら粗品を進呈させていただきます。

 

 

 

第4回 ポスターフレーム屋外テストの報告です。

みなさま、こんにちは本日は久しぶりに晴れました。

本日は晴れです。やっと春らしい暖かさが戻ってきました。

さて、テストスタートより23日か経過いたしました。

引き続き露のような長雨に見舞われテスト参加者たちは過酷な条件が続いております。

それでは久しぶりに晴れた日差しがまぶしい写真を見ながら状況を報告して参ります。

まず、全体の状況ですが少しずつ中の掲示物に変化が見られます。

DSC_0628

左から1番目のスチレンボードに貼られた作品は全体の色があせて薄くなってきました。

左から2番目のバックボードが段ボード製のスタンダードシェイプはばっくボードが湿気から乾燥を繰り返し歪んでまいりました。掲示物はほんの少しがあせてきた感じでしょうか。ただし、紙製のバックボードが水分を吸収するせいで表面に水滴はほとんど見らせません。

左から3番目のスチレンボードバックのSBモデルに関しては水滴が大すぎて掲示物の状況がわかりません。スチレンのせいでしょうか?水分がフレーム内部から逃げない状況になっております。

右端のスチレンボードバックで厚め保護フィルム(0.8mm)のSB-08モデルですが、左隣のSBモデルよりはひどくはありませんが、やはり水分が逃げない状況です。SBモデルとの水蒸気量の違いを自己分析にて推測致しますと『08モデルは保護フィルムが厚い分、水分の入るスペースが無かった為若干水蒸気が少ないのではないでしょうか?』

DSC_0634

上記画像は歪んだスタンダードモデルと水蒸気が逃げないSBモデルです。

DSC_0631 DSC_0630

また、スチレンボードフックのBB-1およびフレームの3角カンにサビが見られるようになってきました。

DSC_0636

裏面の目視に大きな変化はありませんが、スタンダードモデルはかなり歪んでおります。

 

以上が本日の報告となります。

引き続きテストを継続し、随時ご報告させていただきます。

第3回 ポスターフレーム屋外テストの報告です。


皆様、こんにちは本日はすごく寒いですね。

東京の23区のはずれは4月ながら雪が降っております。関東地方では5年ぶりだそうです。(5年前にも降ったんですね。)

昨日は暖かく日中は冷房を使っておりましたが本日はそれどころではありません。暖房を強にして寒さをしのいでおります。体が持ちません・・・・。

みなさま、お体にお気を付け下さい。

さて、テストスタートより15日か経過いたしました。

このところ不安定な天気が続き屋外テストとしては予想もしない非常に過酷な条件が続いております。(長雨・雪・風など)

それでは雪まじりの雨が降っている中、震えながら撮った写真を見ながら状況を報告して参ります。

まず、全体の状況ですが、全ての選手に均等に多くの雨がまともに降り注いております。屋根(雨避け)が無いのはやはり厳しい条件となっております。

DSC_0620

 

次に水滴がついている状態を切り取った画像です。

DSC_0622

ポスターフレーム全体に水滴がついております。ポスターフレームの中に雨水はたまっておりませんが、ある程度掲示物は濡れております。

DSC_0626

掲示物はさらにしわが寄ってきております。色の変化(退色)は現在の目視ではみられません。

ここで中の掲示物の用紙および印刷方法の仕様をご案内いたします。

コート紙(光沢のある紙の73kgベース)にオフセット印刷となっております。※印刷物としては若干薄めの紙となります。

DSC_0624

裏面の状況はこんな感じです。思いのほか紙ベースのバックボード(左から3番目)に湿度によるしわや劣化が見られませんでした。

 

以上が本日の報告となります。

引き続きテストを継続し、随時ご報告させていただきます。

 

旭川東栄高等学校様から頂きました画像のご紹介です。

みなさま、こんにちは今回はお客様より頂きました写真をご紹介させて頂きます。

今回ご紹介させて頂きますお客様は、『旭川東栄高等学校様』で、画像の内容は『学校内の写真展』での画像です。

学校内の廊下の壁を利用し当店のスチレンボード(ハイパープロタックSブラック)を使用して展示して頂いております。

DSC_0011ko展示されている写真を見させていただいた私的な感想ですが、『高校生活での活き活きとした場面が切り取られ躍動感がより増して伝わってきました。』(素人の見解ですみません)

 

DSC_0013koこの写真は『武道特有の「動」の前の「静」があり、戦いの前の非常に繊細な緊張感が感じられます。』かっこいいですね。『ラストサムライ』を少し思い出しました。

 

DSC_0010ko何より、作品と一緒に写っている生徒の方がとても綺麗ですね。(作品の感想ではなくすみません。)

 

DSC_0004i全体イメージでしょうか?多くの写真が展示されています。

 

と、このように大切な画像をご提供していただきましたので、ご紹介をさせて頂きました。

当店の製品が写真展のお役に立てて非常にうれしい限りでございます。

こちらは2014年10月17日にご提供いただいた画像です。

紹介する場所が無く大変遅くなってしまいました。申し訳ございません。