第6回 ポスターフレーム屋外テストの報告です。

みなさま、こんにちは。

3月25日より スタートした今回のテストですが、約2か月経過いたしました。

 

そこで、ここまでの中間結果報告させていただきます。

まずは、フレーム本体の状況報告です。

DSC_0021 フレームの各部分の状況としましては、

  • フレーム:フレームおよびフレームを固定するL字型の金具、ビスともにサビおよび劣化はみられません。
  • 透明版:目視による結果ですが、劣化および傷等はみられません。 バックボード:スチレンボードに関してはほとんど変化がありません。紙の段ボードに関しては歪みが発生しております。
  • 三角カン:こちらはサビが出てまいりました。しかしながら使用上問題がでるような劣化ではなく、表面上のサビといった感じです。 DSC_0023

つぎは、中の作品の状況報告です。

DSC_0026

上記画像の説明ですが、上部の4点はすべて新しい(テスト前の同じ作品)4枚です。光の反射により右の作品が薄く見えてしまいました。申し訳ございません。  下部の作品がテスト品になります。左から、

  1.  スチレンボード(のりパネ) 貼り
  2. 0.5mm + 段ボード仕様
  3. 0.5mm + スチレンボード仕様
  4. 0.8mm + スチレンボード仕様

となります。

  1. は色の退色が一番激しく赤・黄はもちろんすべての色が薄くなっております。
  2. は赤・黄の色はほとんど飛んでしまっています。しわはフレームの中では一番少ないでしょうか。(雨のあとの水分が早く乾いていた為)
  3. は2.と同様に赤・黄の色はほとんど飛んでしまっています。しわは細かく波打つようにまんべんなくしわがよっています。
  4. はほぼ3.と同じ状況です。

下記の画像は左がテスト前の作品で、右側が4.の0.8mm + スチレンボードの仕様となります。 また、画像下部の黒・赤・黄・青の4色の帯の部分ですが、こちらはレーザープリンターで出力したもので、擦り傷やキレで傷んでおりますが、色の劣化はあまりありませんでした。 DSC_0028   以上の結果より、自分なりのテスト報告を下記にまとめてみました。

  1. フレーム本体および透明版の劣化は2か月ではほとんど出ない。
  2. 三角カンのみサビが発生する。
  3. バックボードはスチレンボードであれば歪みや劣化が少ない。
  4. 作品は雨が内部に入ることによりしわがよる。
  5. オフセット印刷での印刷物は赤および黄の劣化が激しい。
  6. レーザープリンターでの出力は色の劣化が非常に少ない。

この結果で気になったことがあり、ざっくりと箇条書きにします。

屋外用のポスターフレームでの作品の劣化(色の退色)は?

実際に屋外のポスターフレームで仕様されている、保護フィルムのアクリル板(1.5mm)および防水パック(1.0mm)塩ビ板の紫外線透過率を調べました。

すると、 アクリル板は約85%の紫外線カット

塩ビ板は約30%の紫外線カット

ちなみに現在テストをしているフレームの0.5mm PETと0.8mmPETはほぼ同じで 約50%の紫外線カットでした。(簡易UV測定器による実測値)

そこで、次回からはフレームのさらなる期間耐久の調査、そしてUV対策の効果測定をしてみたいと思います。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です