第4回 ポスターフレーム屋外テストの報告です。

みなさま、こんにちは本日は久しぶりに晴れました。

本日は晴れです。やっと春らしい暖かさが戻ってきました。

さて、テストスタートより23日か経過いたしました。

引き続き露のような長雨に見舞われテスト参加者たちは過酷な条件が続いております。

それでは久しぶりに晴れた日差しがまぶしい写真を見ながら状況を報告して参ります。

まず、全体の状況ですが少しずつ中の掲示物に変化が見られます。

DSC_0628

左から1番目のスチレンボードに貼られた作品は全体の色があせて薄くなってきました。

左から2番目のバックボードが段ボード製のスタンダードシェイプはばっくボードが湿気から乾燥を繰り返し歪んでまいりました。掲示物はほんの少しがあせてきた感じでしょうか。ただし、紙製のバックボードが水分を吸収するせいで表面に水滴はほとんど見らせません。

左から3番目のスチレンボードバックのSBモデルに関しては水滴が大すぎて掲示物の状況がわかりません。スチレンのせいでしょうか?水分がフレーム内部から逃げない状況になっております。

右端のスチレンボードバックで厚め保護フィルム(0.8mm)のSB-08モデルですが、左隣のSBモデルよりはひどくはありませんが、やはり水分が逃げない状況です。SBモデルとの水蒸気量の違いを自己分析にて推測致しますと『08モデルは保護フィルムが厚い分、水分の入るスペースが無かった為若干水蒸気が少ないのではないでしょうか?』

DSC_0634

上記画像は歪んだスタンダードモデルと水蒸気が逃げないSBモデルです。

DSC_0631 DSC_0630

また、スチレンボードフックのBB-1およびフレームの3角カンにサビが見られるようになってきました。

DSC_0636

裏面の目視に大きな変化はありませんが、スタンダードモデルはかなり歪んでおります。

 

以上が本日の報告となります。

引き続きテストを継続し、随時ご報告させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です